激安ランチ。
2005年 08月 20日
そろそろお昼を食べに行こうという話になった。

どうやら私は、何処か涼しげな、別荘みたいなホテルに1泊したらしい。沢山の木々に囲まれた、ログハウス風の、あまり大きくはない建物が見える。そこから伸びる緩やかな坂の向こうに、カラフルな街並みが広がる。これからそこへ、ランチを満喫しに向かうようだ。
メンバーは私を含めて5人。その内2人は誰だか良く分からないが、残りの2人は、フジで毎朝放送中の『とくだね』に出ている、小倉さんの両脇にいる2人だ。カサイさんとえーと、名前知らないけど女子アナ。ベテランの。何故かそんな顔ぶれで行動する私達。



カサイさんが、美味くて超激安な焼肉丼の店を知っていると言う。なんと1杯たったの30円。
30円て…。普通なら有り得ない、逆に何かあるのではと疑うような金額だが、そこはまあ夢なので、気にしてはいけないなと思い直す。とりあえずそこへ向かう事に決定し、バスに乗り込む面々。
「そういえば、どの辺にあるお店なんです?」
メンバーの1人がカサイさんに訊いた。そうだよね、どのくらいで着く所なんだろ?けっこうお腹も減ってきたし、あまり遠くない所だといいな。

「九州だよ。これから飛行機に乗って、みんなで行こう!!」
意気揚々と答えるカサイさん。満面の笑みで、高々と右手の拳を空に掲げる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

いくら夢でも有り得ない。
なぜ、ただお昼を食べに、半日かけて九州へ行かなければならないんだ。そんなマンガみたいな。しかも、飛行機なんか乗っていったら、激安ランチの意味がないじゃないか。そのお金で、さっきのかわいいホテルにもう1泊しようよ。いや、最初から九州で1泊しようよ。
だがここは夢の中の世界。やっぱりそんなことは気にしてはいけないのだ。

結局みんなで九州へ向かったが、焼肉丼を味わう前に、目が覚めてしまった。
てゆうか、私は焼肉丼はそれ程好きでは無いことに、起きてから気付く。
[PR]