同級生。
2006年 08月 30日
高校からの友達の、Rちゃんの夢を見ました。

◇ ◇ ◇

地元の役所の一角。
住人が一列に並び、順に何かの申請をしていた。
私もそれに加わり、自分の番がくるのをぼんやりしながら待っていた。

しかしなかなか列が進まず、暇だ。
なんとなく周りを見回すと、数人後ろに、高校以来ほとんど会っていなかったRちゃんの姿があった。
久しぶりに見る彼女は、なんと車椅子に乗っていた。
しかし足が不自由という訳ではないらしい。身重で、立って待ってるのが辛いから、という事らしい。
傍らには旦那さんと思しき男性が寄り添っていた。温和で優しそうな感じの人だ。

先日、自分の結婚式のことで連絡した際には、彼女も都内に住んでるという話だったが、どうやら出産のために実家に戻ってきているらしい。
今日は旦那さんが付き添っているが、仕事があるため、明日には東京に戻るそうだ。
「それじゃあ心細いね」と言ったら、「毎日ネットで話すから大丈夫」と、愛用のノートパソコンを見せてくれた。

にこやかに笑った彼女の顔は、とても幸せそうに見えて、なんだか安心した。
[PR]