車泥棒。
2005年 12月 30日
ちょ~久しぶりに、ゆめ日記更新です。

てゆーか今までも見てなかった訳ではないんだけど、起きるとキレイさっぱり忘れてちゃって...。
故に更新できませんでした。

◇ ◇ ◇

朝、目が覚めて、私はいつものように仕事へ行く支度をした。
母も今日は朝から仕事が入っているらしく、父と二人、慌ただしく準備をしている。
弟はもう出勤したようだ。

支度を整えた私達は、揃って家の駐車場へ向かった。
そこにはいつもと同じように、家族全員分の車がある。(今日は弟以外だけど。)

家で姪と留守番をする、義妹のライフ。
嫁に行った姉に普通車を奪われ、仕方なく父が乗ってる軽トラ。
母が使用しているミラ。
そして、私が乗っている中古のオプティ。

...が。



無い。

...え。なんで?
もしかして、盗まれた!!?私のだけ!?
まーじでぇー?これから仕事いかなきゃいけないのにーっ。

慌てて傍にいた父に訴え、110番。

私「すみません、車を盗まれたみたいなんですけど...。」
警察「あぁ。もしかして黒の...。」
私「はいっ、オプティです!ナンバーは...。」
警察「〇〇〇〇だよね?」
私「はいっ、そうです!(なんで知ってるの?)」
警察「それなら、こちらで預かってますから。取りにいらして下さい。〇〇署ですから。」

あんなでっかい物がなんで警察に届けられているのか知らないが、とにかくあると言う。
父に警察署の場所を訊いてみると、そこは家から徒歩数分の場所だった。
慌てて行くこともないかなと、ちょっと思った。

てゆーか良く考えると、私は昨日で退職したんだった。
仕事行かなくていいんだし、家で少し休んでから受け取りに行こう。

そして家に戻り、なんとなくテレビを点けると、自動車のCMがやっていた。
そこになんと、私のオプティが映っていた。

...あぁ、そうか。
コレの撮影に使われたのか。
でも何も、無断で持ってかなくてもいーのにな。

てゆーか変な夢だなぁ...。
でも今回は、起きても覚えていられそうな気がするなぁ...。

◇ ◇ ◇

と。夢の中でそんなことを考えていたら、ホントに覚えてました。
お陰で更新できたし、良かった良かった(笑)
[PR]