2006年 12月 18日
新米主婦仲間(?)のあややんさんのところに登場してから、ずっと気になってたDSソフト。
やっぱり買っちゃいました。

こちらです。
[PR]
2006年 12月 15日
ついに私たちも仲間入りすることになりました。

More
[PR]
2006年 08月 31日
日替わりは鯛のアラ煮定食でございました。

それが人気だったのか何なのか、他のメニューも合わせて通常200食前後のところ、本日はなんと265食も売れました!万歳!(店的に)
もちろん日替わりは売り切れ。
賄いで食べれるの期待してたのに、今日はそうめんに...orz
(付け合せの小鉢とかはちゃんとあるけど)

そんなに売れたもんだから、捌いても捌いてもどんどんお客さんがやってきて、1時をまわっても途切れませんでした。
いつも空いた頃を見計らって来て下さる常連さんも、今日は「しばらくお待ちくださいませ」
しかも途中でご飯が足りなくなるハプニングまで!
ご注文を伺ってから5分程でお出しするのが通常なのに、だい~ぶお待たせしてしまって、お詫びに割引をしたり...。
その上食材も足りなくなったのか、板さんがレジからお金を借りて買出しに行ったり...。

なんだか色々と忙しい日でした。
そのせいなのか何なのか、帰宅途中から疲労が激しく、酷い頭痛が。
帰宅後も起き上がれず、晩御飯は旦那に買ってきてもらっちゃいました...。

ホントにごめんよう。
でも嬉しかった。
[PR]
2006年 08月 25日
自他共に認める健康オタクな私。
毎日のご飯も、もちろん体に良いものが多いです。
むしろそれオンリー?(笑)

雑穀米のご飯に野菜たっぷりのスープかみそ汁。
大豆食品や魚介類がメインのおかず。
きのこや海草なんかも欠かさずに。

てゆーか旦那もお昼は社食で外食みたいなもんだし、てゆーか夕飯の後はお風呂入って寝るだけだし、そんな豪華な高カロリーご飯じゃなくても良いかなと。
そんな感じで、まーそれなりに健康を考えて作っていたわけですが。

今晩、久しぶりに二人で焼肉を堪能中...。

More
[PR]
2006年 08月 24日
和食屋さんで働き始めてから、早やひと月。
仕事も慣れて、常連さんの顔もだいぶ覚えて...きた気がします(笑)
そして明日25日は初の給料日ということで、先に給料明細をもらいました。

おお~、初給料!
お昼に3~4時間だけなのでそんなに大した額ではないけれど、やっぱり嬉しいもんですねぇ。
結婚して「旦那の給料=二人のお金」になり、フツーに毎日それで生活してますが、それでもなんとなくまだ遠慮してしまう気持ちがあるので、「自分の稼いだお金」が少しでもあるのは嬉しいです。
「お小遣い」として気兼ねなく使えるという感じが。

でもあんまり使わないで貯金にまわさないとなぁ...できるだけ(笑)
[PR]
2006年 07月 15日
そろそろ、そんな予定です。

新居もだいぶ物が揃ってきたし、毎日家に居てもだらけちゃうので(笑)
具体的にいつからかはまだ決まってないんですが、お義父さまの紹介で仕事先は決定。
「ビジネス街の和食屋さんで、ランチタイムにお手伝い」です。

が。
[PR]
2006年 07月 13日
結婚式を挙げてから、およそ1週間が経ちましたが。

More
[PR]
2006年 07月 10日
何かと物入りな新居での暮らしですが。
買出しに先だって、我が家に必要なものを書き出してみました。

ずらり。
[PR]
2006年 07月 05日
夫婦揃って、実はこの上なく苦手だったり。
付き合い始めてからおよそ9年。
写真はおろか、プリクラですら1枚も撮ったことありません。

しかし結婚披露宴に写真は付き物。
各衣装の写真を残したり、親族の集合写真を撮ったり、しかもそれが1カット2万円もしたり。
そんなに支払うのに、出来上がりは両家に1枚ずつだとゆーじゃないですか。
お互いの実家に送ったら、手元に残らないじゃないですか。
デフォルトでブライズルーム(新郎新婦の支度部屋)のスナップ撮影はあったのですが、それじゃあウエディングドレスの写真しか残らない...。

そんなわけで。
『まー好きじゃないけど、人生で1回位、記録に残ってるもんがあったって良いよね』的発想で、式の始まりから終わりまでを記録した、ミニアルバムを作ってもらうことにしたのです。

そして当日。
[PR]
2006年 07月 03日
そんなわけで7月1日、無事に結婚式を終えました。
以前も何度か書いた通り、お義母さまの希望で和装もあったので、全部で4着も衣装がありましたよ。

まずウエディングドレスで教会式を挙げ、
白無垢&綿帽子に着替えて迎賓(披露宴会場に入るお客様のお出迎え)をし、
その場で掛け変えをして綿帽子を取り、色内掛けで入場、
最後にお色直しでカラードレスへ。

と、そんな感じで進行しました。

More
[PR]