「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ドラマ ( 5 ) タグの人気記事

2007年 11月 01日
月9の探偵ガリレオ。

原作のファンなので、その視点で見るとかなりイマイチなのですが。
草薙とのコンビがメインでない時点で。
それを考えずに別のドラマとして見れば、これはこれで面白いかな。
謎解きが映像化されてるのは解りやすいし、新鮮です。

湯川が『ただの物理オタクで理屈っぽい嫌なヤツ』として描かれてるのが、
ものすごーく気になりますが。
でもドラマは初対面の、えーと、名前知らないや。
柴崎コウ演ずる刑事視点で進んでいるので、そのうちに彼の良さも徐々に見えてくるのでしょう。たぶん。
3話でもちょっとその片鱗はあったし。

でも恋愛要素はやっぱりどうでもいいけど(笑)

ところで福山さんが演じてると、湯川がめっちゃモテモテ教授な感じに見えるんですが、実は生徒にも変人認識されてて笑いました(笑)
役柄と合ってない気がして違和感あるけど。

そんなこんなで色々思うところはありますが、やっぱり作品自体が好きなので、今後の展開に期待しつつ、最後まで見てみようと思います。
[PR]
2007年 08月 20日
そういえば昨日、パパとムスメが始まる前、Gacktさん目当てでNHKの風林火山も見たんですよ。

そのちょっと前にTSUTAYAで見たCMで気付いたんですが、Gacktさんてば新しく発売されるFF7にも出演してるんですね。(ここのPVで見れる赤い人)
「普通に声優もいけるんだなな~この人」とか感心して、それでドラマの方も思い出して見てみました。

彼の役は、後の上杉謙信である長尾影虎なんですが。
なんつーか、異世界の住人みたいでした(笑)

役者として上手いのかどうかより、他の出演者とは明らかに違う美形っぷりで、同じ時代の同じ国の人間に見えないことが気になっちゃいましたよ。
ひとりだけ戦国BASARAとかから抜け出してきたんじゃないの?みたいな。

こんな書き方すると彼のアンチみたいですが、むしろ好きです。
褒め言葉です(笑)
[PR]
2007年 08月 19日
パパとムスメの7日間

何年ぶりかに、連ドラを全話欠かさず最終回まで見ましたよ(ニコ動のお世話にもちょこっとなったけど)
いいドラマだったじゃねぇかコンチクショー!(笑)
面白かったし、気持ちがほんわかして、ちょっと実家の両親を思い出しました。

途中から西野さんの壊れっぷりが怖かったけど...
彼女も救われて良かったです。


入れ替わりネタは元に戻ってハッピーエンドとばかり思っていたけど、最終回の冒頭で元に戻って、入れ替わったことによるその後の変化まで見せてくれました。
戻ってもそれまでの癖が残ってるのには笑った。

ガッキー可愛いなぁ。
舘さんも可愛かったなぁ(笑)

しかしホントに7回で終わるとは思わなかったよ。
勿体無い。
[PR]
2007年 08月 03日
以前東野圭吾さんのことを書いた記事に、うっかり現れたTBで気付きました。
『探偵ガリレオ』シリーズ、10月からフジでドラマ化されるんですね。しかも月9。

探偵ガリレオは、東野さんの作品の中でもめっちゃ大好きな作品です。
それが一体どんなキャスティングで再現されるのかと、興味津々で覗きました。

探偵ガリレオ@フジテレビ

『福山雅治・柴咲コウ主演』

...え?

このシリーズは、頭脳明晰な物理学者である大学教授・湯川学に、大学時代から親友の刑事・草薙俊平が、奇怪な事件の相談を持ち込み解決していくという、不思議ミステリーだけど現実的な物語だったはず(たぶん)

つまり主役は男二人。
しかも東野さん自身が湯川のモデルとして想定していたのは、佐野史郎さんだったはず。
(私個人はもっとイケメンを想像しながら読んでいたけど)

これだからドラマってぇ...

とか嘆いていたが、ドラマ化にあたって女刑事を登場させるのは、東野さんも快諾されたらしい。
原作者本人が良いと言うなら読者は何も言えないけど、たまには男くさいドラマも見てみたかったな。
男同士だからこそ分かりあえる何かみたいなものが、あの作品には描かれていたと思うから。

まー、月9じゃ有り得ないか。
[PR]
2007年 07月 01日
日曜劇場パパとムスメの7日間

最近、連ドラをほとんど観なくなったけど、これはちょっと観てみようかと。

しがない中年サラリーマンの父親と、彼を鬱陶しく思ってる女子高生の娘が主役。
一緒に事故に遭ったことが原因でお互いの身体が入れ替わってしい、それを周りにバレないように二人で奮闘するという、ネタとしてはかなりありがちなドラマ。
でも父親役が舘ひろしさんと言う事で、どんな女子高生っぷりを披露してくれるのかと、その辺に期待して観てみました。
娘役の新垣結衣さんも可愛いし。

んで感想。

More
[PR]