2008年 07月 18日
旦那経由で親交のある皆様には周知の事実ですが、
なんと私のお腹に赤さんができました。

現在妊娠3ヶ月です。
つわり真っ最中です。
毎日死んでます。
パソコンなんていじった日には、目が回って吐きます。
テレビも1日数時間が限界です。
みたいな。

そんな日々を送っていたら今年のDOI(夏恒例のアイスショー)見逃したよ。
いつの間に放送したんだろう…
見事に情報化社会に取り残されています。
月末にも名古屋でショーがあるらしいけど、東海地区以外も放送してくれるかなー。

そんな感じで母体はぐだぐだですが、赤さんは順調に育っております。
先日の検診では2週間前の倍の大きさに成長されておりました。
っつってもまだ4cmにも満たないけど。
これが半年ちょっとで生まれてくるなんて、命って凄いな。

元気に生まれてきておくれ。
[PR]
2008年 03月 23日
王子!
王子!!
王子ーー!!!

優勝おめでと~~~!!!!!!

ジェフ凄かった…鳥肌立ちまくりだったよ…

最終組で最終滑走。
SP1位で折り返して世界王者にも手が届く位置。
誰でも欲がでちゃう状況なのに、落ち着いたあの滑りはほんと凄い。
そして綺麗でした。

フィニッシュの後のガッツポーズ、あんなジェフ見たの初めてだよ!
おめでと~~
ホントにおめでと~~!!!。・゚・(ノД`)・゚・。

ジョニーも3位、初メダルおめでとう!!

画面からも緊張感というよりむしろ不安が伝わってきて、ひたすら祈りながら見てました。
胃が痛くなりそうだった…
このときばかりは採点までのCMが有難かったです。

滑りにも勢いがなくて、ジャンプも転倒こそなかったけど、でも加点がもらえるほどの良いものじゃなかったように見えたし(素人目)
大きなミスはなかったけど、本来の演技には程遠い出来に思えたから凄く心配だった…
おめでとうジョニー!!

高橋くんは残念でした…
悔いの残る大会になってしまいましたね。
でもこれをバネに、もっともっと素晴らしい選手になってください。

小塚くん、8位入賞おめでとう!
初出場で大健闘じゃないですかー!スゴイ!

なんだか涙涙の大会でした。
全ての選手にありがとう!

以下フィギュア好きの戯言。

More
[PR]
2008年 02月 17日

クリックでプレビューが開きます

模様替え。
一足先に、ちょっと春っぽく。

突如スキンを弄りたおしたい衝動に駆られ、数時間ほど黙々と作業。
普通の記事も更新してないのにねぇ。

スキンに使用している画像は素材屋さんからの借り物ですが、
たまに自分で描いてみたいな~とかも思ったり。
しかし思うようには描けず、今のところ実現の見込みはありません。

素材屋さんを運営されてる方ってホント凄いです。
ステキ素材をいくつも、しかもWEB用に重くならないように仕上げてくださっていて。
しっかり感謝しつつ使わせていただかねば。
[PR]
2008年 01月 15日
生きてます。
それなりに元気です。

年末年始は旦那様のご家族と沖縄へ旅行へ行ったり、
この連休は二人で大阪へラルクのライブを観にいったりなどしておりました。

沖縄は天気に恵まれなくて残念でした…
あちこち回って忙しかったし。それなりに楽しかったけど。
機会があれば今度は旦那と二人でゆっくり巡りたいです。
(5泊6日の旅行の感想を3行で終わる)

ライブはめっちゃ楽しかった!!!!
ステージとほぼ対面の2階席だったので音だけ聴きに行くつもりで行ったんですが、意外とステージまで近くてテンションあがりました(・∀・)
それでもメンバーは小指の先程度の大きさですけど(笑)

『THEATER OF KISS』と銘打った今回のアリーナツアー。
演出も凝っていて華やかで楽しかったです。

みくしとか見ると日によって何パターンかあるそうなのですが、私たちが行った12日は『不思議の国のアリス』風でした。
2羽の(とゆーか着ぐるみで直立歩行してるんで2匹って感じですが)ウサギが恐る恐る穴に入ると、そこは不思議の国でした、みたいな。

最後は感動しました…

アンコールで一度幕が降り、そこに映った二人の男女のシルエット(アルバムのジャケットイラストの)が徐々に近づき…キス。
自然と会場から拍手が起こり、そして『雪の足跡』の演奏が始まる。

この曲がほんっといいのだよ!!!
結婚式で使いたいくらいの素敵な歌詞。
大切な人に感謝して、これからもよろしくね、みたいな。
どの年代の方もそれぞれに色んなことが蘇るような、あったかくて優しい歌だと思います。

hydeさんの歌声にも思わずほろり。
旦那と一緒に観に来てよかったなって、こっそり思いました(笑)

素敵な時間をありがとう。
[PR]
2007年 12月 17日
探偵ガリレオ。
5、6話くらいから、普通にドラマとしても面白くなってきました。
福山さんの湯川のキャラクターも可愛く思えてきたし、柴崎コウ演ずる内海刑事とのやりとりも楽しくて好きだし。

しかし今日の最終話、あのショボイ装置の姿を見て愕然。
そのしょぼさにもガッカリというか失笑しましたが、天才vs天才みたいな、ありきたりな展開に一気に興ざめ。
つまんない。

ドラマとしてもイマイチだし、てゆーか『探偵ガリレオ』でこんな流れは有り得ない!
最後のピンクは笑ったけど。

プロデューサーはほんとにこのシリーズのファンなのかい。

More
[PR]