カテゴリ:寝言( 8 )

2005年 12月 19日
もうホントに何なんだろうってくらい、毎日毎日寒いことこの上ない。

テレビの天気予報で耳にするのは、もう何度も聞き飽きたこの台詞。

「記録的な大寒波により、西日本の各地でも、軒並み零下を記録しています。」

分かってるっちゅーの。

てゆーか、こちとら最高気温が零下だっつーの。


...ねぇ、ふと思ったけど。

同じ意味なのに「零下」より「氷点下」の方が、なんか寒そうな気がしない?

まぁどうでも良いんだけどね。


...ねぇ、こうしてるとあったかいね。

寒いのも、そんなに悪くないかもね。

↑ ...さぶぅー。
[PR]
by satsuki69129 | 2005-12-19 21:28 | 寝言 | △Page-top
2005年 12月 15日
「俺が君を、必ずに幸せにしてみせる」

ドラマ観てたら、男が真剣な顔で、彼女にそう言っていた。
こんなセリフ、僕には一生言えそうもないや。

だって僕は、そんなに頼りになるオトコじゃないからね。

仕事サボりたくなる日だってあるし、落ち込んで泣きたくなる日もある。
けっこう情けないヤツなんだ。

だから君に、「必ず幸せにしてみせる」なんて言えないよ。


でも。
それでも君が、ずっと僕のとなりにいてくれるなら。
となりにいて、笑っていてくれるなら。

こんな僕でも、その笑顔を守るためなら、なんだって出来そうな気がするんだ。
だから、ずっと僕といて欲しい。


そう言ったら君は、「しょうがないなぁ」と少し困ったように笑った。

「しわくちゃのおじいちゃんとあばあちゃんにになっても、
ずっと一緒に、いつも笑顔でいようね」
[PR]
by satsuki69129 | 2005-12-15 23:32 | 寝言 | △Page-top
2005年 12月 05日
キミのこと、大好きだよ。

キミを幸せにすることが
僕のたったひとつの夢だけど、
叶えられなくてごめんね。

離れていく僕をゆるしてね。

キミひとりを置いて行くのは、とてもつらいよ。

ずっとキミの隣りにいられたら、
それはどんなに素敵だろう...


なぜ、今。
なぜ、僕が。
なぜ...


それでも僕は、

キミが 元気でいられるように。
キミが 笑顔でいられるように。
キミが 幸せでいられるように。

いつもココから祈っているよ。

ずっと。
ずっと...
[PR]
by satsuki69129 | 2005-12-05 22:26 | 寝言 | △Page-top
2005年 10月 15日
今日ぼくね、ひとりでおでかけしたんだよ。

こないだご主人とおでかけしたときに、すごく楽しいところがあったの。
それで、また行ってみたくなったんだ。

ご主人は夜までかえってこれないから、ぼくだけだけど、おでかけしたんだ。

でも。。。
[PR]
by satsuki69129 | 2005-10-15 22:35 | 寝言 | △Page-top
2005年 09月 11日
お外はあめがいっぱいふってる。
ぼくは今日もおるすばん。

ぼくのご主人はすごく優しくて、ぼくをとても可愛がってくれるんだ。
ぼくはそれがすごく嬉しくて、でも少し不安なんだ。

だってぼくのご主人は、大きな愛のひとだから。

More。。。
[PR]
by satsuki69129 | 2005-09-11 18:37 | 寝言 | △Page-top
2005年 09月 02日
ぼくの宝物は、ご主人からもらった赤い首輪なんだ。
ぼくとご主人が仲良しっていう、たったひとつのシルシ。

ぼくはご主人が大好きだから、ご主人もぼくが大好きだとすごく幸せなんだ。
それにね、ご主人は『カイシャに行ってる時はかまってあげられないから』って、おうちにいる時はたくさん遊んでくれるんだよ。
きっとオシゴトで疲れてると思うのに。

だからね?
[PR]
by satsuki69129 | 2005-09-02 23:57 | 寝言 | △Page-top
2005年 08月 22日
ある昼下がり。

パパとコウスケは、リビングで仲良くテレビを視ていた。傍らに、ペットのチワワが大人しく座っている。
べらべらとよく喋るおばちゃんのレポーターが、洒落た内装の洋食屋を紹介している。ありがちなグルメ番組だが、なんとも旨そうな、肉汁滴るハンバーグが映し出された。神戸牛を使用しているらしい。贅沢なハンバーグだ。
「うっまそ~~」
思わず身を乗り出すパパ。
「パパー、ぼく今日の夕ご飯これたべたーい」
キラキラした瞳で無邪気にお願いするコウスケ。
ペットのチワワも、テレビに映ったハンバーグに、興味があるようだ。

「いーでしょー?パパー」
[PR]
by satsuki69129 | 2005-08-22 23:17 | 寝言 | △Page-top
2005年 08月 20日
話がある。

 その時、私はもう半分夢の中に居た。ハズだ。

真夜中、なぜか彼氏と昔話の話題になった。
そう。確か、『金太郎って結局どんな結末の話か知らないよね。』とかゆう話だった。

桃太郎とかは有名なのにねぇ?
[PR]
by satsuki69129 | 2005-08-20 00:53 | 寝言 | △Page-top