家族旅行。
2005年 09月 03日
珍しく、家族みんなで出掛けることになった。

父、母、姉、弟夫婦と二人の愛娘、そして私。
みんな休みがバラバラで、『全員揃うなんて初めてじゃない?』なんて話してた。
トータル7人が弟所有のアルファードに乗り込んで、まず始めにおやつを調達するため、近所のお店へ向かった。
そのお店には、様々なメーカーのむき甘栗がたくさん並んでいた。ざっと見ただけでも10種類はある。他の商品もあったように思うが、それ以外は何なのかよく分からなかった。

結局栗を買い込んだのかハッキリしないまま、再びアルファードに乗り込む面々。
いつの間にか車内左側に、ベニヤ板を打ちつけたようなテーブル(幅が広めの肘掛?)のような物がくっついている。そういえばさっき、父が何枚かの板切れをいじっていた。
愛車をそんな風に改造されて、弟は何故か機嫌がいい。『おやつ食べ易くなったね』と家族にも好評だ。いいのか、それで。



そしてあっとゆう間に目的地に到着。
どうやら湧き出る温泉を利用した、天然露天風呂ランド(?)らしい。
見た目は緑に囲まれた、川や池がたくさんある広い公園のよう。レジャー施設としては殺風景な感じだが、客の入りは上々。大勢の家族連れで賑やかな感じだ。
屋外の施設で男女混浴のため、みんな服を着たまま入浴している。

車は小高い丘の上に止めた。そこから伸びるくねくねとした小道の先に、温泉群が広がっている。足元に気をつけながら、私たちも下まで降りていった。
眼下に広がる景色を眺めながら、気付いた。

『あ、ここ前にも来たことある。夢で。』

確かその時は、メインの噴水付きの温泉が、改装中かなんかで入れなっかんだ。
じゃあ今回はそれに入っとこう。
家族はまず川タイプの足湯から入るようだが、私は早速施設の中央に配されているメイン温泉に向かった。
そこまで行ってみると、みんな膝まで隠れる白いロンTを着て入っている。自分もそれに着替えた覚えはないが、かまわず入ってみることに。

・・・・・・・・・・・・・・。
びみょー。

温かいし それなりに気持ちいいが、いかんせん造りが良くない。
本当に全て天然のままで、足元はなんと砂なのだ。足湯の方も良く見れば、その辺の川と変わらない。
なんつーか、水遊びをしているような気分?ただ温かいだけのお湯で。
しかし私以外の人は気にしてないみたいだし、きっと元からそういう施設なのだろう。

じゃあ、まあいっか。夢だし。
しかしあのメイン温泉は、どの辺を改装したんだろう。噴水か?噴水なのか?それだけか?

 *****************************************************
本当なら今週末は、母方の祖父母、母の姉妹の家族など、大勢で温泉旅行の予定でした。
こんな機会は滅多にないので、私も是非参加しようと思ってたのですが。
それが諸事情で、私の家は父母の2人しか行かれなくなってしまいました。
特に祖父母は楽しみにしてくれていたので、とても残念です。
それでこんな夢をみたのでしょうか・・・?
[PR]