全日本選手権女子FSを観て。
2006年 12月 30日
波乱万丈というか、なんだか色々と盛り上がった大会でしたね。
生で観戦した某氏たち、お疲れ様でした。羨ましい限りです(笑)

んでは久しぶりに、素人目による選手ごとの感想など。
とりあえず覚えている限り。
てゆーか気になる選手だけ。



1位 浅田真央選手
おめでとうございます!
ここぞと言う時にトリプルアクセルを決めてしまう、その勝負強さには脱帽です。
でも演技は、なんだかせかせかしているように観えたんですが...気のせいですかね?
高得点目指して、とにかくすべての技を成功させよう!みたいな。

フィニッシュの後、感極まってこぼした涙にはもらい泣きしました(笑)
でもちょっと点出すぎじゃぁ...
来年もジャンプにばかり重点を置いてるのも気になります...
それで良いものなのか?もっと、表現力とか、スケーティングそのものとか...

2位 安藤選手
途中のアクシデントには冷や冷やしました。
SPでも最後右肩をおさえたので「アレ?」と思っていたんですが...
それでも最後まで演技を続ける姿に、心打たれました。
世界戦では体調もバッチリに、頑張って欲しいです。

3位 中野選手
トリプルアクセルの転倒は勿体無かったですが、それ以外は始終安定していた印象です。
ジャンプでフィニッシュというプログラムは、選手は気が抜けないけど、ばっちり決まると観ている方は気持ち良いです。
てゆーかピンクの衣装の似合うこと(笑)
そういえばフリーではビールマンはやらなかったですかね?

4位 村主選手
村主選手4位...
世界選手権への出場も叶わず...くっ...チケ獲れたのに...!
残念で残念でなりません...(TT

昨日に続きツーフットでの着氷は、なんだかあまり村主さんらしくないミスです...
連戦の疲れが溜まっているのかな。
でもそれは浅田選手や安藤選手も一緒なんですよね。
この大会も糧にして、更に上を目指して行って欲しいです。

ところで。

現在の採点方式だと、イマイチ得点が伸びない村主さん。
なにが他の選手に劣るのか、素人目には細かいところまでは解りませんが、それぞれの要素のレベルが低いんでしょうか...
新ルールに変わってから、皆さんこぞってビールマンスピンを入れてきますが、それが無いと点数が出にくいのかなぁ...わからぬ。

でも今のルールって、技術面ばかりに重きを置いてる気がしてなりません。
もっと観客を魅了する何かとか...そういうものも大事だと思うんですけど...

12位 太田選手
DOIの時のような、魅了されるよな何かが、少し足りない気がしました。
ショーと競技の違いもあるんでしょうけど...。
色んな大会に出たりして、少しずつブランクが埋まっていくと良いなと思います。
彼女の力が戻ったとき、その演技はどれ程の魅力を放つのか。
是非生でも観てみたいです。


余談ですがフジへ。
てゆーか主に塩○アナへ?

浅田舞選手を、堂々と「安藤舞」とか言ってちゃだめだろう!
てゆーか他にも突っ込みどころが満載で書ききれないよ!
[PR]