ブログすごろく。2
2006年 10月 15日
ブログすごろく。の続きです。

とゆーことで第2回。
今回のお題は「03.びっくりした話」です。
では早速。

* * *

去年の夏、私は地元の某物流センターで働いていました。
某商品の生みの親の会社です。
その商品に関して、国内でもっとも信頼のおける会社です。
(品名を出すと解る人にはすぐ解るので書きませんが)

東京、名古屋、九州に支店があり、そこで個人や販売店から注文が入ります。
毎日毎日その注文伝票が物流センターに転送され、それを受けて商品を発送するのが、私も含め、そこで勤務している方達の仕事でした。

そしてあの日。
私はいつものように、伝票を見ながら商品をピッキングしていました。
しかし棚に並ぶ商品の1種類が、品薄になってきました。

私   「ちょっと倉庫行って、在庫とってくるわ」
同僚 「あぁ、手伝う?」
私   「平気ー」

そしてすぐ隣りの倉庫から、ひとつのダンボールを運び込みました。
中には九州の工場から送られてきた商品が入っています。
私は常時装備のカッターでダンボールを開封。
蓋に手をかけ、開くと...



なんと中から、全長5cmはあろうかと言う、巨大な蜘蛛が!!!

「うぁあぁぁっ!」

ここで「キャー」とか出ないのが私だなーと思う(笑)
突然の悲鳴叫び声に驚き、振り返る同僚や上司。

同僚 「何何、何事?」
私   「でかい蜘蛛が出てきたぁ!そこー!」
同僚 「うぉっ」

指差す方向で這い回る予想外な生き物に、さすがの上司もビックリ。
どう対処するべきか、しばら呆然と立ち尽くす面々。
たまたま他の課からやってきた女性社員も、キャアキャア言いながら騒ぎ出す始末。
そのうちに上司の一人がほうきとちりとりを持ってきて、蜘蛛を回収。
裏手の川原に逃がしてくてれて、事なきを得ましたが。

私といえばその後も、跳ね上がった心臓がまだバクバク言ってます。
まさか蜘蛛が、しかもあんな超でかいのが、商品に紛れ込んで送られてくるとは...!
いつも虫で悲鳴なんぞ上げない私も、あの大きさにはさすがにビックリでした。

てゆーか良く生きてたなぁ、あの蜘蛛。

* * *

次回は9マス進んで、
12.気になって気になって仕方のないこと
[PR]