先週のお客様。
2006年 09月 12日
ビジネス街という場所柄のためか、お連れ様に外国の方がいらっしゃることがしばしばあります。
レジでは大概一緒に来られた日本の方が通訳をしてくださることが多いので、英会話経験値ほぼゼロの私でもどうにか安心(?)なのですが。

そんな中、先日こんなお客様がいらっしゃいました。



日本人ビジネスマン2名、外国人(東南亜系?)ビジネスマン1名の3名様。
お食事を終えて、レジまでいらっしゃいました。
注文伝票を拝見し、
「ありがとうございます。お一人様千円です(営業スマイル)」

そして千円札を無造作に置いていく日本人2名を他所に、外国人ビジネスマンが。

外 「領収書いただけますか」
私 「かしこまりました。お一人様分でよろしいですか?」
外 「はい」
私 「お名前の方は..?」
外 「あ、『上』で結構です」

失礼ながら、外見に不似合いなほど流暢な日本語にびっくり。
思わず「日本語お上手ですねぇ~」なんて話しかけちゃいました。
「いやぁー、長く住んでるとこうなっちゃうんですよ~」
なんて仰っていましたが、ホントその辺の若者に爪の垢でもな感じですよ。
いや私もか(笑)

しかしこう外国のお客様が多いと、いい加減英会話でもちゃんと習わないといけないなと思います。

トチ狂って本場のスケートショーを観に行くことだって、無きにしも非ず(え)
せめて、来日してくださった諸外国のスケーターの方達に、お礼の気持ちを伝えられるくらいには...。
しかしジョニーはともかく、アニペーは英語でいいんかなー。

あれ、何かフィギュアスケートの話題に(笑)
[PR]