「ほっ」と。キャンペーン
今日の仕事ぶり。
2006年 09月 04日
うちの和食屋さんは私も含め固定メンバーが数人で、ホールの半分は配膳などからの派遣さんが単発で入ります。
今日はその中にまだ数回しか会ったことのないお嬢さん(おそらく20歳くらい)がいて、仕事終わりにこんな会話を。

嬢 「もうここは(働き始めて)長いんですか?」
私 「いえ、まだ1月半くらいなんです」
嬢 「え!そうなんですか?テキパキしてて、もうベテランなんだと思ってました!」

わぁーい、ベテランだってー♪
どうにか慣れてきたとは思ってたけど、私もそれなりに板についてきたってことかしらー?
でもレジとお客さんの案内&注文くらいしかできないんですけど(笑)

そしてふと気になった。



『板につく』の語源てなんだろ?

ちなみに意味。
態度や物腰、服装や仕事などが、ぴったりしてよく似合う。

ほほう。

そして語源。
『板につく』の「板」は板張りの舞台のことで、「つく」は見事に合うことを意味する。
経験を積んだ役者の芸は、舞台にしっくりと調和されていることから、現在使われている意味になった。
一説には、「板付き」という舞台用語を板につくの語源とする説もあるが、「板付き」は幕が開いた時、すでに俳優が舞台に出ていることや、その俳優を指す言葉であるため有力とされていない。

そうなんだー。
もしかして蒲鉾に関係あったりするかなーとか、真面目に考えてたよ(笑)
[PR]