怖い話。
2006年 04月 26日
私の彼氏は怖い話が好きだ。

てゆーか本が好きで、分厚い小説からマンガや雑学の本など、数えたらキリがないくらい本が多い。
ぶっちゃけ引っ越すのに大変だから、要らないのは処分するように頼んでたり。

そんな中にちょこちょこと、怖い話の本がある。
      
 部屋にいると目に入ったりする。
    ↓
 なんとなく手に取ってみたりする。
    ↓
 ヒマだから読んでみたりする。
    ↓
    
    ↓ 



    ↓
 激しく後悔する...。

あああぁぁぁぁ、なんで読んでしまったんだ私...orz
今この部屋にひとりきりなのに...。
後ろに誰かいたらどうしよー...(((TДT)))

そうなんです。
私、怖い話が苦手なんです。
なのに要らん好奇心を発揮し、たまーに読んでは、やめとけば良かったと後悔します(笑)

貞子で有名な「リング」シリーズも何故か読んじゃって、あの時の気持ち悪さといったらもう...。

うわぁ...原作でも貞子の映画創ってる...。
観た女性、貞子ウィルスで妊娠して、貞子産んじゃう...。
小説と映画の内容と同じだし、今日排卵日だったらどうしよぅ...。


貞子を身篭ったらどうしよ~...{{(´Д`lll)}}}


アホですな...-ω-;

でも小説の中で、貞子の思惑通りに世界中に貞子ウィルスが広まる恐怖みたいなものが描かれていて、それが本当に気持ち悪くて。
「コレって、この本読んだ人も感染しちゃうんじゃないの...?」
みたいな錯覚を覚えたのです。

今思うあれは、やっぱり凄い小説だったんですね。
怖いなぁと思いながらも続きが気になって、結局最後まで読んじゃいましたもん。
そう言う意味では、面白い本でした。

でもやっぱり怖い話は苦手だし、当分いいや。

なのにどうして......。










なのにどうしてその辺に、こんな本が置きっぱなしになってるんだあぁぁぁ(T▽T)
                  ↓
e0044481_12211880.jpg

表紙だけでも怖いじゃないか!
写真じゃ解りづらいけど!(笑)
[PR]