男子シングルフリー。
2006年 02月 17日
予告通り早起きして観ました。

しかし私的に注目の最終グループが始まったのは6時半頃。
...って、いつも起きる時間と一緒じゃん!
早起きしたイミ無かったョ!(笑)


一昨日のショートと合わせた最終結果。

1位 エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)
2位 ステファン・ランビエール(スイス)
3位 ジェフリー・バトル(カナダ)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
5位 ジョニー・ウィアー(アメリカ)
8位 高橋大輔(日本)




以下、個人的主観(とゆーより単なる好み)に基づく感想などをどうぞ(笑)

まず1位のプルシェンコ。
ジャンプがひとつ2回転になったけど、それ以外はほぼノーミス。
完璧な演技と評されていましたが、私はGSロシア大会(ファイナルだったかも)で見せた演技の方が、惹かれるものがありました。
所々、だた滑ってるだけの時間があったりして、いつもの彼の演技ではなかったような...。
やっぱり緊張していたのかなぁ。
と思っていたらこんな記事を発見。
確かに...と思える内容です。真偽の程は解りませんが。
余談ですが、私的にはソルトレークで見せたカルメンの方が好みだったり。

3位のバトル王子。
果敢にチャレンジした4回転を転倒してしまったのは残念。
でも一人だけ演技中に笑顔も見せたりと、上位グループの中では一番落ち着いて滑っていたのかも。
やっぱり綺麗です、彼のスケーティング。
でもイナバウアー、短くてちょっと物足りない...点数にならないから仕方ないけど。
エキシビションではぜひとも長~いのやって、ファンを堪能させてくれ!

5位のウィアー。
彼の演技中だけは出勤準備を一時中断、テレビの前に正座して、祈りながら観てました(笑)
しかし思い届かず結果は5位。
5位...5位か...残念だよぅ...(TдT)
てゆーか5位って、エキシビション出られるのかなぁ...観たいよぅ。
ショートが良かっただけに、余計に残念。
メダル獲って欲しかったなぁ...。
でもまだ21歳だし(若っ!)、技術的にも精神的にももっと強くなって、更にすんごいスケーターになって私を魅了してくれ!(笑)

そして8位の高橋大輔。
てゆーか!
確かに出来は良くなかったけど、それでもあの技術点は、ちょっと低すぎじゃないのー!?
もー朝っぱらから母と二人で憤慨ですよ。厳しすぎじゃー。
しかし後で知ったんですが、どうやら高橋君、『3回転のジャンプを2回跳んでいいのは2種類まで』だっけ...?(なんかチガウ?)
とにかくそれに違反してしまって、得点にならなかったみたいです。
(追記:転倒した4回転が3回転と判断され、後で跳んだジャンプがノーカウントという形になったようです)
初めてのオリンピックで最終グループの最終滑走...緊張もピークだったんでしょうか。
本人も演技の出来には不満で、インタビューでもかなり悔しそうな様子でした。
この思いをバネにして、次はバンクーバーだっ!!

最後にメダルセレモニーを、朝ごはんを食べながらみたんですが。
それを観ながら、「あー...。プルシェンコもこれでプロに転向しちゃうのかな...。」とか勝手に想像して(実際はどうなるか知らないのに)、ちょっと複雑な気持ちになりました。
でもでもっ。金メダルおめでとう!!
エキシビションで、どんなキモイ演技を見せてくれるか、今から楽しみだー(笑)
もちろんバトル王子の演技も、ちょ~期待してます♪

てゆーかっ!
マジでウィアー出してぇ~っ!
ソルトレークの時は確か5位の選手まで出演してたし...。
大丈夫だよね...?ねっ!?
お願い見せて~っ(>人<)
[PR]