姫。その4
2006年 01月 14日
本日1月14日、めでたく姪っ子が2歳になりました。

義妹はさっそく愛娘に、
「『何歳?』って訊かれたら、『「にさい』って、こーゆー風にやるんだよー。」
ピースさせながらレクチャーしてました。

それが朝の話。
お昼も過ぎた3時頃、なんとなく姫に訊いてみました。



私「姫はいくつになったの?」
姫「ん~?」
私「にさいって言うんでしょ?」
姫「にしゃ~い」

おお、言えたー(言わせたんだけど。)
でも惜しい。
手が3歳になってるじゃん。

私「てて(手)はこうやるんだよ?」
姫「ん~?」

姫のちっちゃい手を持って、邪魔な薬指を折ってみる。
でもまだ彼女の手では難しいらしく、ピースしようとすると、そうしても3本立ってしまう。

私「3歳の時はカンペキだねー。じゃあ、2歳はどうやるのー?」
姫「ん~?」


姫「おしりぺんぺん。


......そうですか(笑)

ちなみに昨日はお祝いに、家族みんなで外食をしました。
個室になってる座敷で食べたんですが、姫はあまりお腹が空いてなかったらしく、みんなの周りをうろうろしながら、エビのしっぽとかお新香とか食べてました(笑)

そして、そのうちに飽きてきた姫はイタズラを開始。
割り箸やらつまようじやらコーヒーの砂糖やらをいじり始めて、見ているこっちは冷や冷やしまくり。
仕方なく他のもので誤魔化そうと、弟が
「わかった。帰りにお菓子買ってやるから、大人しくしてろ。」

それを聞いた姫。
今度は「おかし~~」と喜び、バンザイしながらスキップしてました(笑)

まーとりあえず。
姫、2歳おめでとう♪
[PR]