ハリー・ポッターと炎のゴブレット
2005年 11月 28日
e0044481_20133450.jpg
公式サイトはこちら

土曜日に、彼氏と2人で観に行きました。
それも私達にしては珍しく、何を思ったのか公開初日に。
並んで待つの、キライなのに(笑)
てゆーか、映画館に行ってみたらあと40分で始まるところで、思ったより並んでる人も少ないっぽかったから観ただけなんだけど。

元々は別の日に観る予定でした。
どーせ初日はむちゃくちゃ混んでるに違いないと思ってたから。
そう考えてる人が多かったのか、たまたま時間帯が良かったのか、館内の座席は6割程度しか埋まっておらず、ホントに初日?って感じでした。

40分はちと長かったけど、それでも観れたのはラッキーだった。かな?




一言で言うと今回は。

...びみょー?

観ているときは、もちろん楽しかったんですけどね^^;

原作を読んではいませんが、ストーリーを消化しきれていない感じでした。
思春期を迎えた登場人物達の心の変化も見所のひとつなのに、それに関わってくるシーンも省かれていたようで、説明不足な印象。
それ以外の部分も展開が急で、所々入り込み辛い感じがしました。

前作までよりも確実に長いストーリーを、今までと変わらない時間で表現するのは、ちょっと無理があったんじゃないかなー...。
もう一度改めて観たら、また違った印象を受けたりするのかも。

映像は迫力があって、面白かったです。
予告でもちらっと流れた、クディッチの世界大会が行われるドームのシーンとか、けっこう好きです。
なんとなくFFXのブリッツボールの会場に似てるような(笑)

てゆーか。
個人的に一番の見所はコレだったり(笑) ↓
ハーマイオニーラブ。マジ可愛い。
e0044481_2144126.jpg


この頃の美少女っぷりも素晴らしい(笑) ↓
e0044481_111282.jpg

[PR]