「ほっ」と。キャンペーン
栗羊羹食べ比べ。
2005年 11月 18日
【日刊エキブロ新聞】11/12号 土曜版 「エキブログルメ旅」に掲載されていた【おいしい日々】のpiomakojunyouさんが、なんと私の地元・長野の栗菓子を紹介されていました。

で。
めっちゃ栗羊羹が食べたくなったので、買ってきちゃいました♪

しかし私、コメントで間違った情報を残してしまったことに気付きました。
紹介されていたのは「竹風堂」さんの栗菓子で、私はそこの「ひとくち栗羊羹」も美味しいですと書き込んだのですが、正しくは「お一人さま栗羊羹」でした。
私がお気に入りの「ひとくち栗羊羹」は、「桜井甘精堂」さんの商品だったのです。
勘違いをしてました。すみませんm(__)m

は~でも食べ物の写真て、撮るの難しいですね。
しかも携帯のカメラだし...。
何度も撮りなおして、実際に食べるまで20分くらい掛かっちゃいましたよ^^;

では、さっそく見てみましょう。



左:竹風堂「お一人さま栗羊羹」 2個入り315円(税込み)
右:桜井甘精堂「ひとくち栗羊羹」 1個210円(税込み)
どちらも栗・砂糖・寒天のみでつくられた、純栗羊羹。市販されている"栗入りあずき羊羹"とは違います。
大きさはコンビニ羊羹よりやや小さいかな?ってくらいです。
竹風堂さんの方がひとまわり小さめ。
e0044481_2327196.jpg


中身はこんな感じ。
栗そのものの色です。
フィルムを剥いで、そのままかじりつけます(笑)
そこはコンビニ羊羹と同じですね。
e0044481_2327136.jpg


とりあえず切ってみた。
美味しさが伝わらない...orz
なんともへたくそな撮影ですみません。
e0044481_23272540.jpg


さて、肝心のお味の方ですが。
どちらも濃厚な栗の風味が楽しめる、ねっとりした滑らかな舌触りの羊羹です。
竹風堂さんの方がやや甘めで、焼き栗のような香りがします。なんとなく香ばしい感じ。
桜井甘精堂さんの方が甘さは控えめ。渋皮煮のような風味です。竹風堂さんより若干柔らかい。

......。
味の表現てむずかしいデスネ...--;
個人的には桜井甘精堂さんのが好みです。
どちらも常温でも美味しいですが、冷蔵庫で冷やすと、これもまた美味しいんですよ^^
長野にお越しの際は、ぜひ買ってください(笑)

あー、なんかまた食べたくなってきた(笑)
[PR]