フィギュアスケート。
2005年 11月 05日
今日はBSで、スケート・カナダの放送がありました。

私が秘かに注目しているジョニー・ウィアーが出場することもあって、何気にチェックしてました(笑)
彼はねー、美少年なんですよ。たまーに、ヒゲ濃いのが気になるけど...。
こんな感じの選手です。
女の子みたい~とか思いましたよ、最初。
まぁ、見た目は置いといて。

技術的にも優れたものを持っている選手ですが、それ以上に表現力が素晴らしく、昨年のNHK杯での優雅な演技に惚れました。
そして今年もフィギュアのシーズンが始まり、放送を心待ちにしてたのですよ。

にも関わらず、NHKは彼のSPを放送してくれんかった。
観たかったよ...(T△T)





SPを2位で終えたウィアーは、FPの演技中にジャンプで転倒。
しかもその時にエッジが氷に引っ掛かり、足をくじいてしまった模様。
その後の演技はボロボロで、観ていて痛々しかったです。
結果は7位。試合後、号泣してました。
去年も、怪我でグランプリファイナルに出られなかったし、今年こそはという思いもあったのでしょうか...。

怪我が酷くないと良いなぁ。
トリノで彼の姿が見られるように、祈っとこ(-人-)


※解説です。
フィギュアではまずSP(ショートプログラム)という、決められた要素(技?)を取り入れた演技を行い、その後FP(フリープログラム)という、それぞれの選手が自由に構成した演技を行います。
そして、それぞれのプログラムで獲得した得点の合計で、順位を競います。

毎年行われているフィギュアの大会に、グランプリシリーズというのがあります。
6ヶ所で行われる大会のうち、決められた大会に出場し、そこでの順位で勝ち点が決まります。
獲得した勝ち点の合計点が多い上位6名が、グランプリファイナルに出場できます。
そしてその6名で、今期のチャンピオンを決めるのです。

昨年ウィアーは、ファイナルの出場権を獲得していたにも関わらず、怪我で辞退したのです。
めちゃめちゃ残念でした...。
[PR]