恐怖体験。
2005年 10月 12日
私の家族は、みんな揃って寝るのが早い。
今も起きているのは私1人だ。

そして、ついさっきの事。

入浴を済ませた私は、寝静まった家の中で、1人髪を乾かしていた。

と、その時。

一瞬、視界の隅を、青白い光が通り抜けて行った。

私は恐怖に息を呑んだ。
背筋に悪寒が走り、鼓動が早くなるのを感じる。

起きているのは私1人。
他には誰も居る筈ないのに。




しかし。

落ち着いて観察すると、それは私が使っているマイナスイオンドライヤーの光だと判明した。
イオン発生中に点灯する青いランプが、そんな風に見えただけだった。。。

はー、びっくりした。
[PR]